HOME 健保組合ご案内 健康相談 個人情報に関して 用紙ダウンロード サイトマップ
保養施設・レジャー施設 スポーツ施設・各種イベント 健康管理事業 健康保険ガイド 事務担当者専用


家族を被扶養者にしたいとき(被扶養者認定)

 

 健康保険では、被保険者だけでなく、被保険者に扶養されている家族にも保険給付を行います。この家族のことを「被扶養者」といいますが、被扶養者の範囲は健康保険法で決められています。


手続き  
 

 被扶養者となるためには、健康保険組合の認定を受けなければなりません。家族を被扶養者としたいときは、下記の書類に必要事項を記入し、必要書類を添えて、5日以内に健康保険組合に申請してください。

手続書類:

1.

「健康保険被扶養者(異動)届」

2.

「被扶養者を申請するときの添付書類(例)」

※異動があった日から5日以内に提出してください。



● 被扶養者の範囲


 被扶養者となるためには、主として被保険者の収入によって生活していることが必要です。扶養認定の基準としては、被扶養者となる人の年間収入が130万円(60歳以上または障がい者は180万円)未満で、被保険者の収入の2分の1未満であることとされています。


三親等内の範囲−説明図

※平成28年10月1日より、兄姉の認定条件について、「同居」の条件がなくなりました。



被扶養者認定早分かりシート


Q&A
Q

国民健康保険に入っている実母を被扶養者にしたいのですが?

 
A

 単に給付内容が良いという理由で家族を移すことはできません。
実際に被保険者の収入によって生活されていること、実母の年間収入が認定基準を満たしていることが必要です。この場合、被保険者と実母の収入の確認が必要となります。また、場合によっては、実父(その他の家族)の収入も確認する必要があります。

 

Q

被扶養者認定の申請に必要な書類とはどのようなものですか?

 
A

 例えば、高校生以上の学生については、在学証明書(夜間・通信教育の場合は所得証明)、それ以外の方は、市区町村発行の所得証明書等が必要です。

 

Q

夫婦共働きの場合、生まれた子どもはどちらの被扶養者になりますか?

 
A

 年間収入の多い方の被扶養者になります。この場合、ご夫婦の収入の確認が必要となります。

 

Q

収入にはどのようなものがありますか?

 
A

 給与収入、事業収入、不動産(家賃)収入、公的年金(遺族年金・障害年金も含む)、企業年金、個人年金、労災の各種保障年金、雇用保険失業給付金、傷病手当金、出産手当金、株式配当金等の恒常的な収入が対象となります。

 

Q

別居している義父母を被扶養者にすることができますか?

 
A

 配偶者の父母を被扶養者とするには、主として被保険者が生計を維持していることと、同居していることが条件になります。したがって、別居している場合には被扶養者にすることができません。
この場合、同居の確認、配偶者・義父母の収入を確認する必要があります。

 

 

ご家族の状況はそれぞれ異なりますので、その状況に応じた証明書類等を提出していただく必要がありますので、ご不明な点はお手数ですが当組合までお問い合わせください。


一つ前のページへ ページの先頭へ